より良い終活をサポートする 非営利団体リヴテックス佐世保中央 - 白血病患者支援募金箱
 -

VOLUNTEER ACTIVITIES
白血病患者支援募金箱

リヴテックス佐世保中央
白血病患者支援募金箱設置活動について

リヴテックスでは、全国骨髄バンク推進連絡協議会様の活動を支持致しており、数ある活動の中の、「白血病患者支援募金箱設置活動」を行っております。
また、メディアを通しての、骨髄バンクに関する、広報活動も、不定期に実施致しております。


[ お知らせ ]
リヴテックス佐世保中央では、白血病患者支援基金募金箱を設置してくださる企業様、店舗様を、随時、募集致しております。ご協力くださる方、ご興味のある方は、お気軽に、
0956‐55‐8623(担当:リヴテックス佐世保中央 川島)迄ご連絡下さい。お待ちいたしております。


FMラジオ はっぴぃ!FM様にて、全国骨髄バンク推進連絡協議会の理事様等と、リヴテックスメンバーが出演

白血病患者支援募金箱、白血病患者支援基金 募金箱設置活動




















皆様に知っておいて頂きたい我々が
「白血病患者支援募金箱設置活動を開始した経緯」


私どもリヴテックスは、平成28年7月上旬に、
27歳の仲間を「白血病」で失くし、スタッフ皆、
深く拭いようがない悲しみを経験いたしました。
我々は、きっと、彼が大病を克服し、いつか、
一緒に活動していける日が来るんだろうと、
漠然と思っていました。

故に、
彼に対し、気の利いた言葉をかける事も、
励ますための行動をおこす事も、
我々の誰ひとりとして、満足にできて
いなかったように思います。

そして、ついには、彼の隠した「苦しみ」や
「寂しさ」や「悔しさ」、そして、「諦め」にも
気付けずにいました。

我々は絶対にしてはいけない「後悔」をしました。

そして

「些細な事でもいいから、彼にしてやれなかった分
何か我々にできる事はないだろうか」と、
皆で真剣に協議しました。
やがてインターネットを通して、全国骨髄バンク
推進連絡協議会が実施するボランティア活動を
知り得る事となり、その中から、
骨髄バンク関係の広報活動や、「白血病患者支援
基金募金箱設置活動」を、実施させて頂く流れと
なりました。

はじめて、協議会様とやりとりさせて頂いた時、
泣きながらメールを打っていた事を思い出します。

現在、私どもの活動では、募金箱設置のお願いに
関しましては、長崎市と佐世保市で、10の企業・
店舗様のご厚意を賜り、
また、広報活動と致しましては、平成28年10月2日に、
推進連絡協議会の辻理事様、事務局の吉田様と
共に、私どもリヴテックスから2名の計4名で、
はっぴぃ!FMさんの某番組に出演させて頂き、
骨髄バンク関係のボランティア活動について等を
お話しさせて頂きました。

私どもは、小さな団体であり、若輩者の集りでは
御座いますが、微力ながら、時間の許す限り、
継続的に、かつ、懸命に、この活動に取り組んでいく
所存でございます。


↓事業所に飾ってある、葬儀の御礼文↓

リヴテックス佐世保中央のメンバーだった若者への追悼